2021年 春の山遊び―2

 < お知らせ >
 新型コロナ感染拡大防止の対策(マスク・少人数・距離を取る)をしながら、活動しています。
 山を楽しみ、自然や花に癒され、リフレッシュしています。一歩・一歩ですが、「山・遊び」 の日々を続けます!

トップへ戻る

<自主山行> 2021年6月13日 オロフレ山 〜 シラネアオイ・チングルマの群落と青空♪
< 山行通信 >
お天気に恵まれ、素晴らしい展望で今回も楽しい山行でした。
可憐なシラネアオイは、疲れを癒してくれました。 イワカガミとチングルマは満開でした。
最後の登りがキツかったですが、山頂では羊蹄山や樽前、遠く駒ヶ岳も見渡せて・・素晴らしい眺望のご褒美が待ってました〜〜♪
登山口にて・素晴らしい青空ですね  (上)右側がすっぱりと切れた羅漢岩
(下)山神様とオロフレ山(奥) 
スカイブルーに山神様が映えます〜! 
青空のした・・一歩一歩進んでいきます  山神様に・・到着〜〜ヤッター ♪  オロフレ山を見ながら・いい道ですね 
オロフレ山と1062m峰(手前)  (上)オロフレ山に登頂しました♪
(下)オロフレ山(奥)と山神様 
イラネアオイの群落と・・  ・・コラボしましょう〜(^^♪  ・・華やかに・・ 
〜〜  オロフレ山に咲いていた花々  〜〜 


<フレッシュクラブ山行> 2021年6月12日 アポイ岳 〜 アポイ岳の花々と絶景を楽しむ♪
冬1
< 山行通信 >14:45「アポイ岳」無事下山しました。
終始山頂はガスの中、眺望を諦めて馬の背迄下山し休憩していたら突然ガスが晴れ、 昨秋歩いたピンネシリ~吉田岳~アポイ岳の稜線が顔を出し、一瞬ですが眺望を楽しむ事が出来てラッキーでした。
日高の海岸線を背に登っていきます アポイ岳に登頂で〜す (^^♪  岩が露出した急な尾根を慎重に・降ります 
馬の背に到着しました !  ガスが晴れピンネシリ・吉田岳・アポイ岳が!  世界ジオパーク看板前にて 
〜〜 アポイ岳に咲いていた花々 〜〜 


<自主山行> 2021年6月9日 尻場山 〜 積丹・エメラルドグリーンの絶景♪
< 山行通信 >
“ダニがいるぞ”といわれたのですがクマもいそうでピーピー笛を吹きながら進みました。
結構な登りでよくスノーシューで上ったなあと思うくらい。お地蔵様をひとつひとつ辿りながら山頂へ。
山頂標識は見上げるほど高いところにあり、雪の深さを感じました。
少し下がった展望台?からの眺めはまさに絶景!冬より淡くエメラルドグリーンに近い海にしばらく釘付け。只々眺めていました。
下山は山側の道をゆっくりとお地蔵様を数えながら。丁度反時計回りに歩いたことになります。
お尻滑りをした斜面も鬱蒼と木々が繁り冬とは大違いの様相にびっくりしました。
今の時期よりもう少し早い時期の方が途中の展望もお花も楽しめるのではないかと思います。
コースタイム 登り1時間35分 下り1時間10分
積丹半島・・エメラルドグリーンの絶景・・  (上)尻場山・山頂にて (下)途中にいらした・お地蔵様 
〜〜  尻場山に咲いていた花々 〜〜 


<自主山行> 2021年6月8日 八剣山 〜 切り立つ岩塔と抜群の眺望♪
< 山行通信 >
9時15にスタート 〜 八剣山頂上は10時半に到着。 北峰到着は12時でした。12時半に下山開始 〜 登山口には13時半に着きました。
八剣山の頂上では札幌の山々が見えて素晴らしかったです。北峰もそれなりに良かったです。ありがとうございました。
切り立つ岩の山容・・八剣山  登り始めは樹林帯です  元気に・水分補給をしましょう ! 
八剣山(498m)に登頂〜です(^^♪  切り立つという形容が・・  ピッタリの岩塔の姿ですね〜〜 
定山渓天狗岳〜(^^♪  (上)箱庭の様な景色と札幌岳
(下)無意根山方面 
外山(八剣山北峰)にも足を延ばしました! 
〜 外山の立派な標識 と 八剣山に咲いていた花々 〜 


<フレッシュクラブ山行> 2021年6月5日 手稲山〜ネオパラ山 〜 シラネアオイと石狩湾の展望♪
冬1 < 山行通信 >
快晴の中、時々涼風が吹いて気持ちの良い登山でした。
途中で石狩湾や札幌市街を一望し、山頂では定山渓天狗岳、無意根山、余市岳などが良く見えました。
花はシラネアオイの群落、サンカヨウ、ハクサンチドリ、フデリンドウなど咲いていました。
最初の急登は大変でしたが、下山時に登った急登を見上げて皆さん感慨深げの様子でした。

コースタイム
09:00登山開始〜11:00手稲山〜11:20手稲山下山
12:50ネオパラ山〜13:20ネオパラ山下山〜14:30登山口
(上)快晴の下・・出発です (^^♪
(下)振り向けば・石狩湾の展望が・
スキー場の急登を・・
一歩一歩と登っていきます 
(上)広々としたコースを・進みます(^^♪
(下)手稲山に登頂〜〜です♪ 
ケルンにも立ち寄りました  隣のネオパラ山に到着〜〜!  ネオパラ山にて・記念撮影 
登った急登を見上げて・たたずむ〜  〜〜 手稲山に咲いていた花々 〜〜


<自主山行> 2021年5月16日 室蘭岳〜カムイヌプリ 〜 そこには雲海が広がっていました♪
< 山行通信 >
今回誘われて気楽に参加しましたが、
9人の大部隊となり一瞬悩みましたが(本当か!)マイペースで歩けば大丈夫でしょうと思い実行となりました。
登山口は小雨で全員雨具着用でした。登山道から南尾根コースを目指して歩き始めますが、ヒュッテで雨具を脱ぐ羽目に・・風がなく蒸し暑い!
この時期の室蘭岳の南尾根はフッキソウ、スミレ類程度しかお花が咲いていないので、写真を撮りながらゆったりと歩くことが出来ません!!
メンバーの視線を背に受けて頑張って歩くことに・・・私なりにですよ!

〇 白樺並木の山道は・・新緑が美しい。 
〇 雲海が広がり始め・・かろうじて「白鳥大橋」や「駒ヶ岳」が見えました。
〇 たどり着いた室蘭岳は風が強く、カムイヌプリへの縦走路で小休止。
〇 コルへの急斜面を下り・・水元沢分岐から緩斜面へ・・そして急斜面の登りをこなしてカムイヌプリ到着。
〇 予定時間より30分程早い! 
〇 この間、雲海が広がりなかなかイイ感じ・・。
〇 さぁ〜本降りが始まる前に降りましょう!

♪ 水元分岐から沢への下山路の尾根は笹が利されていて迷うことはありません。
♪ 沢の降りると「オオサクラソウ」が満開で出迎えてくれました。
♪ 来て良かったと思う一瞬です。
♪ 沢の下りはピンテンと踏み跡が有り、ジックリ見渡すとすぐ判ります。
♪ 靴を濡らすことなく林道に出ることが出来ますが・・林道は長く感じました。

◇ ヒュッテに向かう分岐を見逃さずに沢を渡ると、岩に「登山道→」の標識が・・・
◇ それ導かれて下り気味に歩き、その後は上り坂・・・「気力」を失いそうな気分。
◇ その登りを頑張って歩くと・・・左に駐車場に向かうショートカットの道が現れ・・
◇ そのまま進むとゲレンデにでて・・後はゆったりと登山口へ・・安全運転をお互い誓って解散としました。
室蘭岳に登頂〜! 風が強い  カムイヌプリへの縦走路にて  カムイヌプリへ登頂〜雲海を背に ♪ 
雲海に浮かぶカムイヌプリへ  山頂手前の奥カムイヌプリ標識  下山は水元沢コースを下りました 
〜〜 お茶目ポーズとひょっこりはん・・で楽しむメンバー 〜〜 
 〜 途中に咲いていた花々 〜 


<フレッシュクラブ山行> 2021年5月13日 旭山記念公園〜藻岩山 〜 ミニ縦走を楽しむ♪
冬1 < 山行通信 >
藻岩山、無事下山しました。
天候は暑くもなく寒くもなく快適な山行でした。山頂は風が少々強かったものの恵庭岳の眺望がクッキリでした。山菜は見当たらず。
今日、ふと感じましたが、さっぽろ山遊会の活動は「屋外のフィットネスクラブ」のようですね。
コースタイム
8:50旭山記念公園駐車場出発 〜 10:25馬の背 〜 11:05山頂着
11:50山頂発 〜 12:20馬の背 〜 13:30旭山記念公園駐車場着

(フレッシュクラブとは?)
フレッシュ(新入会の会員)さんと札幌近郊の低山を中心に登る「さっぽろ山遊会」の1つのクラブです
旭山記念公園の駐車場から出発します 新緑の林の中を進んでいきます・・  道の小脇に咲いている花を・・パチリ 
途中にある展望所・・札幌市街が一望です(^^♪  目指す藻岩山が見えて来ました !  「馬の背」で一休み 
Aパーティーの皆さん  Bパーティーの皆さん  藻岩山にて・・思い思いにお昼タイム〜♪ 
山頂から・・恵庭岳が良く見えました  空沼岳方面の山々  神威岳・烏帽子岳・百松沢山(神威三山)
 〜 途中に咲いていた花々 〜 


トップへ戻る