さっぽろ山遊会の紹介


Q1 : さっぽろ山遊会ってどんな会?     

◆ 私達は2014年の「市民登山教室」から誕生した山の会です。

◆ 夏は尾根歩き中心の山登り・ハイキング登山、冬はスノーハイキングの活動をしています。

  具体的には ◎会山行(月1回実施、会員皆んなで参加する山行)
          ◎札幌50山の山行(札幌近郊の山で随時実施、準会山行)
          ◎自主山行(随時、会員どうしが自主的に企画する山行)を実施しています。
          ( 夏の沢登り・岩登り、冬の山スキーはやりません。 )

◆ 会員数は発足時19名でしたが、2018年4月で40数名になりました。


◆ <皆で ・ 楽しく ・ 安全に>をモットーに登山を楽しんでいます。





Q2 : どんないきさつで誕生したの?     
さっぽろ山遊会の紹介
さっぽろ山遊会の紹介2




Q3 : 規約はどうなっているの?     
さっぽろ山遊会規約(抜粋)

 私達は山と自然を求め、四季を通したハイキングを介して会員相互の親睦を図り、人間形成に努め、
 併せて健康と生命を尊び、ハイキング技術の向上を図り、平和で民主的かつ文化的生活を目標とする。


 【 名称 】
  私達のこの組織は「さっぽろ山遊会」と称す。

 【 事業(活動) 】
  会は目標達成のため、以下の事業を行う。
  1、四季を通したハイキング、軽登山などの山行を実践する。
  2、安全な山行のための技術の習得と普及、そして向上を図る。
  3、会主催の山行の計画、実施をする。
  4、会員の自由山行を成功させる為の指導と実施状況の把握、確認及び承認をする。
  5、会活動のPRのためのホームページの開示。
  6、会員数確保のための募集と勧誘をする。
  7、会員の親睦交流のための行事を行う。
  8、会員の遭難、その他緊急時への対応体制の確立をする。
  9、その他、目的達成に必要と思われる諸活動をする。

 【 山行形態 】
  1、会山行  : 会員が集結して行う親睦と普及を兼ねた山行。
  2、自主山行 : 会山行以外で各自の自由な意思と責任のもとに、各リーダーを中心に計画し、実践する山行。
  3、個人山行 : 会員が他の山岳会や職場の方と登山する場合等で、会は責任を負わない。
  4、冬山登山について
   (1)会山行はスノーハイキング(ビーコンを使わないハイキング)とする。
   (2)冬山登山はビーコン、ゾンデ、スコップを装備して、訓練して登る。


 【 山行確認事項 】
  〇会山行、自主山行
   @所定の「山行計画書」を原則3日前までに提出し承認を受ける。
   A下山報告は、下山後20時までに行う。
   B山行終了後、速やかに所定の「山行報告書」を提出する。
   C山行へのゲスト参加は、「山行計画書」作成時までに連絡しリーダーの了解を得る。
     ゲストからは交通費以外の参加料は徴収しないが、会は山行中の責任は負わないものとする。
   D会山行が自主山行と重なった場合は、会山行を優先する。

 【 所属 】
  本会は、「日本勤労者山岳連盟傘下の道央地区勤労者山岳連盟」に団体加盟する。

 【 組織 】
  本会に籍をおく者は、その主旨に賛同し、規約に責任と義務を持って実践するものとする。
  その組織は、選任された会長及び各役員を中心に活動し、本会を円滑に発展させる。
  運営委員に任命される役員は以下の通りとする。
  会 長     1名
  副会長
  事務グループ員
  運営グループ員
  新人対応グループ員
  山行グループ員
  会報グループ員
  遭難防止グループ員
  会計監査
  連盟理事


 【 会員総会 】
  本会は1年に1度、通常総会を開催し1年間の活動総括、会計報告、翌年度の活動計画案、会計予算、
  各役員の改選などを行う。 以下略

  注)青字は2018年3月に改正された部分

トップへ戻る